ユーザーID
パスワード
   
会員登録
パスワードを忘れました
旧ホームページで会員だった方は、ユーザーIDに登録済みのメールアドレスを、パスワードに登録済みのパスワードを入力してログインしてください。
またお手数ではございますが、「パスワードを忘れました」機能よりパスワードの変更を強く推奨いたします。
会員の方で登録電話番号がハイフン無しの場合はお会計時にエラーになります。その場合は弊社までご連絡ください。電話番号を修正いたします。
トップページ > 光食品株式会社のご紹介 >

【 社是 】 良い食品を作り社会に貢献する

光食品株式会社  HIKARI FOOD Co.,Ltd
〒771-1347徳島県板野郡上板町高瀬字宮ノ本127番3号
TEL:088-637-6123
FAX:088-637-6166
E-mail:info@hikarishokuhin.co.jp
 光食品株式会社のページへ

上板工場


会社沿革

昭和21年(1946年)4月
島田利雄が個人商店として創業
昭和24年(1949年)
低酸度濃厚(お好み焼き)ソースの開発
昭和26年(1951年)4月
株式会社に組織を改める(資本金30万円)
初代代表取締役に島田利雄就任
昭和32年(1957年)
本社及び工場を徳島市南田宮(現本社)に移転
昭和38年(1963年)8月
資本金180万円に増資
昭和39年(1964年)
創業以来18年合成添加物だらけの時代であったが、良い食品を作り社会に貢献することを社是とする我が社は、超特急新幹線ひかり号の開通にちなんで、合成添加物を一切使わない「超特級ヒカリソース」を製造発売
昭和51年(1976年)8月
資本金480万円に増資
昭和52年(1977年)7月
日本で最初の有機野菜・果実から作ったウスターソースを製造発売
昭和52年(1977年)11月
資本金1,200万円に増資
昭和54年(1979年)1月
資本金1,920万円に増資
平成11年(1999年)6月
取締役会長に島田利雄就任
代表取締役に島田光雅就任
平成12年(2000年)2月
環境保全型工場を目指し工場を板野郡上板町に移転
平成12年(2000年)12月
有機JAS法に基づき有機農産物加工食品についての製造業者に認定
平成14年(2002年)6月
倉庫を増築
平成18年(2006年)1月
消石灰など一切食品添加物を使わない国内産有機黒糖蜜を発売

創業者 故 島田利雄氏

北海道で終戦を迎え、「徳島に帰ってこい」「徳島で商売したらええやないか」という親の手紙がひっきりなしに来ていました。復員後は商売をすることを考えていました。「忠孝一致」という教育が身に染みていた時代で、帰ることにしたのですが、最初は徳島で商売をすることは考えにくかったものです。大阪で100の努力が100の結果になるとしたら、徳島で100の努力をしても3~5の結果くらいしか出ないのではないか。徳島のような田舎で商売しても損ではないかと思っていました。でも、忠孝精神で「帰ろう」と決意しました。 当時インフレがすごかったので、新円が発行されましてね。大阪で新円に替えて、その札束を胸にしまい、徳島県小松島港に上陸しました。すると、札束がなくなっていましてね。落としたのかスられたのかわかりませんが、無一文になってしまいました。ハッハッハ。まあその時は「なんとかなるやろし、まあええか。」と思ってたんやけどね(笑)。 兵隊に行く前にソースの会社に勤めていましたので、ソース作りでやって行こうと思いました。ソースを作る場所の確保から始めなければいけません。徳島は空襲を受けて焼け野原でしたから。叔父が阿波商業銀行(現・阿波銀行)の小松島支店長をしていましてね、場所を紹介してくれました。イリコを煎る作業小屋の空き小屋で、50坪くらいの納屋のような建物にイリコ鍋がひとつ。寝る場所がないので、三畳くらいの小部屋を仕切って、そこで暮らし始めました。最初はイリコ鍋で高純度の統制塩ではない「ガリ塩」を作り、それを売ることから始めました。このころ、結婚しました。女房とふたり、三畳間での暮らしでした。塩商売で利益を出し、ソースの原料を揃えて、少しずつ作って行きました。当時のソースの原料は、塩も統制、砂糖も統制で手に入らず、ほとんどが代用品でした。醤油が統制だったくらいなので、ソースの需要はありました。 商売は順調に行き、昭和26年に「光食品株式会社」に組織変更しました。昭和32年に、田宮(光食品(株)本社所在地)に移ってきました。昭和37年(創業して17年くらい)には、売上も安定して「これで食べていけるな」と思いましてね、何か今までとは違うことをやろうと思いました。当時は普通だった添加物だらけのソースではない、品質の良い「超特級のソース」(=ヒカリソース)を作り始めたのがこの頃です。ちょうどこの頃、国鉄が新幹線の速いほうに「ひかり号」と名付けました。国鉄はウチをマネしたんじゃないかな?(笑)昭和39年、この頃出始めていた自然食品専門店に向けて「ヒカリソース」を卸していました。 ソース工業会の役員で、東京に毎月行っていました。せっかく東京に行っていたので、ついでに営業して販路を確保しました。昭和51年頃に「有機栽培」に注目していたのですが、有機栽培は大変な農法だということもあって、なかなか原料を提供してくれる農家がみつかりませんでした。そんな時、町をブラブラ歩いていたら、昔の戦友にばったり再会したんですよ。その戦友が多くの有機栽培農家を知っているので、紹介してくれるということになりましてね。それで有機栽培による原料を確保することができました。自然食品専門店からの要望もあり、無添加ソース作りに加えて、有機栽培原料を使用したソース作りへと展開することになりました。 「金儲け目的だけではない、何か社会に貢献できることがないか?」という思いでやってきました。展示会などで、ヒカリソースを展示していると、ソースそのものの「説得力」が他社製品とは比べ物にならないほどあるんですね。だから悪意ある同業者からは、「あんなものができるはずがない。ニセモノだ」などということも言われたりして、具体的にいろいろな圧力もありました。しかし結局、買って戴く方は良い商品を選ぶのです。私を邪魔する人たちは皆、自滅していきましたよ。バチがあたったかな。私の運が良かったともいえるかもしれませんね。商売をやる上での「信用」を得るためには、これでもか、これでもか、という姿勢。これが一番大事。今行った努力は後に必ず報われると思って行動することが大切です。

工場案内

光食品では昭和39(1964)年に合成添加物を一切使用していないソースを発売、その後、昭和52(1977)年に有機原料を使用したソースを発売して以来、安全な原料にこだわり合成添加物不使用、有機原料を使用し 本物に徹した食品づくりを進めてきました。そして、ただ効率を求めるのではなく、妥協せず、手間を惜しまず、全てを自動化させずに手作りの良さを残した製品作りを行っています。
また、製造タンク、ライン、充填機等は手洗いと湯洗浄を基本としています。上板工場では、より安全で美味しい食品作りを目指してHACCPに対応したラインを導入しました。製造室・洗びん室・充填室・包装室・待タンク室の天井と壁はすべてステンレス。虫の侵入を防ぐために陽圧にし、充填室にはクリーンルームを採用しています。
また、熱変性がなく有害微生物の付着や微生物の増殖、異物の混入がない良質の製品が得られる、液膜流下型真空濃縮装置等を採用しています。

【 HACCP(危害分析重要管理点)に対応した製造ライン 】
|製造室| |洗瓶室|
|充填室| |包装室|
●HACCPとは
HACCPとは、もともと、米国宇宙局(NASA)で宇宙飛行士の食品のより高い安全性のため、1960年代に生み出された微生物制御のための安全・衛生管理手法です。製造・加工・調理などの工程全般を通じて、生物学的危害・科学的危害・物理学的危害について調査・分析を行い危害を明らかにし、この危害に対する危険を防止するために、重要管理点について監視を行い、食品の安全を確保していこうとするシステムです。


環境にやさしい食品づくり

太陽光発電システム
システムの核となる太陽電池は、発電効率世界最高の「HITパワー」を採用。 発電した電力は工場内の照明などに使用し、余剰分は四国電力に販売します。
・太陽電池容量 9.99kw
・設置面積 約64m2
・予測発電量 約11,000kwh/年
・節約電気料金 約280,000円/年
・CO2節減量 約1,120kg/年
・灯油節減量 約2,980l/年
・蛍光灯本数 約250本分(40W蛍光灯)
ガスタンク
ボイラー以外にもガスヒートポンプエアコンを採用し、プロパンガスを燃やすことによりコンプレッサーを運転して冷暖房しています。電気でコンプレッサーを動かさないため、電気消費量を十分の一にでき、電力の平準化にも貢献しています。
また、一般のエアコンによりCO2を削減することができます。暖房時には、エンジンの排熱を利用できるので、不快な霜取り運転もなく、快適な暖房が得られます。
ガスボイラーと膜脱気装置
排気ガスの原因となる灰分、炭素分、イオウ分、窒素分が少なく、環境に優しいクリーンガスエネルギーを使用した低騒音のボイラーを設置。
また、「無添加食品の追求」をテーマに、ボイラーの腐食の原因であるボイラー用水中の溶存酸素を清缶剤を使わず、膜を用いることによってクリーンで安全に除去できる膜脱気装置を導入しています。
排水処理
食品加工時の排水は、微生物処理活性汚泥を利用した微生物処理に加えて、中空糸膜を使用した最新の処理方法で、常時安定した確実性のある処理水質を維持しています。 環境保全対策において、人と自然に優しい産業排水処理装置です。排水は、工場前を流れている清流吉野川の水よりきれいな水となっています。
クーリングタワー
真空濃縮装置は発生した水蒸気を冷却し、液化するために大量の冷却水を必要とします。 濃縮装置を通過し、温度が高くなっている冷却水を再利用できるように、クーリングタワーを設置しています。
有機ほ場
工場内土地に、有機畑を自分達も体験したいという気持ちから、原材料に使用している、ゆこう・ゆず・温州みかん・レモン・加工用トマト・唐辛子・たまねぎ・ にんにく等を有機栽培しています。
また、ジュースのpH調整に使用しているゆこう()と他の柑橘類との違いを実際に見ることができます。
※ゆこうとは・・・
地元でもあまり知られていないのですが、徳島県南部にだけ生育するゆずやすだちに似た柑橘系の果実です。 すだち、ゆずの陰に隠れ、地味な印象のゆこうですが、「香りゆず、酸味すだち、味ゆこう」と 言われ、他の柑橘類の風味を引き立てる主張しすぎない名脇役です。 野菜ジュースで試したところ、野菜に合う優れた隠し味とpH調整になることが分かりました。 そこで、生産地に行き無農薬のものを捜し、有機栽培を始めました。 今後ますます、有機のゆこう畑を増やしてもらえそうです。
社内循環を目指して

これまでに実験を何度も繰り返してきましたが、 ようやく新しい堆肥場を建設し、2003年7月から稼動し始めました。排出するゴミの量をなるべく少なくするために、有機の野菜・ 果実くず、排水処理時の汚泥を堆肥化し、その肥料を敷地内の有機認定ほ場に返し、柑橘類・さとうきび等を有機栽培しています。
(弊社は添加物や薬品を使用していないため、排水処理時の汚泥は安全であり、堆肥化して利用しても問題ないと考えております。)

工場屋根の冷却  ~洗浄後の中水利用と夏場の温度低下を目指して~

2004年から試験を始め、2005年より本格的に、工場屋根にスプリンクラーを配置し、屋根への打ち水を始めました。夏場の工場の温度低下と、ラインやビンの洗浄に使用した後の水を中水として有効利用するために導入しました。スプリンクラーでの打ち水によって、工場内の温度を下げることができました。

2019年 11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
【 創業者 故 島田利雄氏 】
金儲け目的だけではなく何か社会に貢献できることがないか?
という思いでやってきました。
創業者談話の続きはこちら!
光食品株式会社のご紹介
厳選有限会社  🏣771-4262 徳島県徳島市丈六町長尾9-3  ☎ 088-636-2332 📠 088-636-2333  📩 info@gensen.co.jp
©2007 - 2019 厳選有限会社. All Rights Reserved.